お知らせ

お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第10回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第10回を担当させてもらいました。チャンピオンズリーグの大舞台にも「謙虚な姿勢で」。セルティック旗手怜央の自らの指針を決めた、静岡学園時代の出来事
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第9回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第9回を担当させてもらいました。「チャンピオンズリーグに出場するような選手になってほしい」。セルティックの旗手怜央が目標の舞台を前に思い出す恩師のひと言
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「鹿島アントラーズ・鈴木優磨インタビュー(後編) 」

web sportivaにて「鹿島アントラーズ・鈴木優磨インタビュー(後編)」を担当させてもらいました。瞬時に質問の意図を理解して、言葉を発するのは、ストライカーとしての嗅覚とでも言えばいいだろうか。感覚の鋭さには、こちらも驚かされるほどだった。インタビューも終盤に差しかかり、どうしても聞かなければいけないテーマがあると伝えた時だった。鈴木優磨はニヤリと笑うと、自ら言った。「日本代表?」こちらがうなずくと、さらに察した彼はこう続けた。「そんなに思いはないですよ。それよりも、自分はクラブでの成功をより願うタイプなんです。だったら、もっとアントラーズのために頑張りたい。今はアントラーズでいっぱいタイトルを獲りたいという気持ちのほうが強いんです」
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「鹿島アントラーズ・鈴木優磨インタビュー(前編) 」

web sportivaにて「鹿島アントラーズ・鈴木優磨インタビュー(前編)」を担当させてもらいました。まるで衝動に駆られるかのように、鈴木優磨はベンチに向かって走っていた。8月14日、J1第25節のアビスパ福岡戦だった。10分、ペナルティーエリア右でパスを受けた鈴木は、ゴール前に進入すると、迷うことなくシュートした。相手に当たって決まった得点は、記録上オウンゴールになったように、華麗でもなければ美しくもなかった。だが、そこで右足を振り抜いた判断は、リスタートを切った鹿島アントラーズに一体感、活気、自信......多くを取り戻させるゴールになった。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「浦和レッズ・西川周作が「GK論」を語る(後編)」

web sportivaにて「浦和レッズ・西川周作が「GK論」を語る(後編)」を担当させてもらいました。「昨シーズン、スタメンから外れた時間は決して無駄ではなかったと思っています」プロ18年目を迎える西川周作は力強く語った。浦和レッズに加入した2014年から明け渡すことのなかった正GKの座を失ったのは、2021年5月21日のJ1第12節のアビスパ福岡戦(0−2)を終えたあとだった。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「浦和レッズ・西川周作が「GK論」を語る(中編)」

web sportivaにて「浦和レッズ・西川周作が「GK論」を語る(中編)」を担当させてもらいました。今シーズンから浦和レッズのGKコーチに就任したジョアン・ミレッとの出会いが、西川周作を新境地にいざなっている。その指導力や理論もさることながら、感嘆の声を挙げたくなるのは、西川のパーソナリティである。プロとして17年間、培ってきたものをリセットする。文字にするのも、口にするのも簡単だが、身体に染みついた動作を忘れるのも、新たなものを吸収するのも、決して容易な作業ではない。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「浦和レッズ・西川周作が「GK論」を語る(前編)」

web sportivaにて「浦和レッズ・西川周作が「GK論」を語る(前編)」を担当させてもらいました。2022年7月10日、J1第21節のFC東京戦に3−0で勝利すると、西川はJ1通算無失点試合の新記録を打ち立てた。その数は、前人未踏の170試合。記録を樹立した時点でJ1通算543試合に出場していたことを考えると、3割以上の試合を無失点に抑えてきた。1年のリーグ戦を34試合で換算すれば、5シーズン分にものぼる。改めて、いかに偉大な記録かを思い知らされた。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第6回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第6回を担当させてもらいました。セルティックでの半年を振り返る/後編。セルティックの半年間で旗手怜央が感じた日本との違い。「ありとあらゆる部分が速い」「足首の周りに傷が増えた」
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第5回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第5回を担当させてもらいました。セルティックでの半年を振り返る/前編。スコットランドのセルティックでプレーする旗手怜央。初めての欧州サッカー、欧州生活で感じた、発見、刺激、体験を綴っていく。セルティックでは見事にリーグ優勝を経験。今回は、その優勝時の現地の様子、感じたことを教えてくれた。
お知らせ

浦和レッズ30周年アニバーサリーブック1992-2022の企画・編集をさせていただきました

ぴあMOOK「浦和レッズ30周年アニバーサリーブック1992-2022」の企画・編集を担当させていただきました。現チームの監督・選手をはじめ、10人のレジェンドへのインタビューなど、読み応えある内容になっています。
タイトルとURLをコピーしました