お知らせ

お知らせ

カタールワールドカップ 観戦ガイド 完全版の企画・編集をさせていただきました

ぴあMOOK「浦和レッズ30周年アニバーサリーブック1992-2022」の企画・編集を担当させていただきました。現チームの監督・選手をはじめ、10人のレジェンドへのインタビューなど、読み応えある内容になっています。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる 第4回」

web sportivaにて「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる」第1回(全4回)が掲載されました。育成年代の三笘薫や田中碧がどのような姿勢で練習に取り組み、どのような成長曲線を描いてきたのか、指導経験があり、現在は川崎フロンターレU−15の監督を務める玉置晴一へのインタビュー。小林悠や大島僚太に衝撃を受け、中村憲剛に教えを請う。フロンターレの若手有望株はこうやって次々と育つ
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる 第3回」

web sportivaにて「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる」第1回(全4回)が掲載されました。育成年代の三笘薫や田中碧がどのような姿勢で練習に取り組み、どのような成長曲線を描いてきたのか、指導経験があり、現在は川崎フロンターレU−15の監督を務める玉置晴一へのインタビュー。ダイヤの原石はどうやって見つけるのか。フロンターレのアカデミー専任スカウトが「スピードや高さ」より重要視すること
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる 第2回」

web sportivaにて「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる」第1回(全4回)が掲載されました。育成年代の三笘薫や田中碧がどのような姿勢で練習に取り組み、どのような成長曲線を描いてきたのか、指導経験があり、現在は川崎フロンターレU−15の監督を務める玉置晴一へのインタビュー。「選手たちの意識がこんなにも違うのか」。フロンターレU―18がトップチームと対戦、その後にどんなことが起こったのか
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる 第1回」

web sportivaにて「川崎フロンターレの育成システムを掘り下げる」第1回(全4回)が掲載されました。育成年代の三笘薫や田中碧がどのような姿勢で練習に取り組み、どのような成長曲線を描いてきたのか、指導経験があり、現在は川崎フロンターレU−15の監督を務める玉置晴一へのインタビュー。板倉滉、三好康児、三笘薫、田中碧…4人はフロンターレでどう育ったのか。幼少時代のコーチに聞いたそれぞれの特長と共通点
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第12回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第12回を担当させてもらいました。CLを振り返るセルティック旗手怜央。幻の初ゴールシーンも含め目指している「守って、つないで、ゴール前まで行く」プレーを詳細解説
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第11回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第11回を担当させてもらいました。セルティック旗手怜央のCLレアル・マドリード戦記。「モドリッチは切り返しが深く、隙がなかった」
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第10回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第10回を担当させてもらいました。チャンピオンズリーグの大舞台にも「謙虚な姿勢で」。セルティック旗手怜央の自らの指針を決めた、静岡学園時代の出来事
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「旗手怜央の欧州フットボール日記 第9回」

web sportivaにてセルティックの旗手怜央選手の連載第9回を担当させてもらいました。「チャンピオンズリーグに出場するような選手になってほしい」。セルティックの旗手怜央が目標の舞台を前に思い出す恩師のひと言
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ「鹿島アントラーズ・鈴木優磨インタビュー(後編) 」

web sportivaにて「鹿島アントラーズ・鈴木優磨インタビュー(後編)」を担当させてもらいました。瞬時に質問の意図を理解して、言葉を発するのは、ストライカーとしての嗅覚とでも言えばいいだろうか。感覚の鋭さには、こちらも驚かされるほどだった。インタビューも終盤に差しかかり、どうしても聞かなければいけないテーマがあると伝えた時だった。鈴木優磨はニヤリと笑うと、自ら言った。「日本代表?」こちらがうなずくと、さらに察した彼はこう続けた。「そんなに思いはないですよ。それよりも、自分はクラブでの成功をより願うタイプなんです。だったら、もっとアントラーズのために頑張りたい。今はアントラーズでいっぱいタイトルを獲りたいという気持ちのほうが強いんです」
タイトルとURLをコピーしました