お知らせ

お知らせ

掲載情報:REALSPOTS/瀬古樹が併せ持つ、謙虚さと実直さ 明治大学で手にした自信。衝撃を受けた選手とは?

REALSPOTSにて「瀬古樹が併せ持つ、謙虚さと実直さ 明治大学で手にした自信。衝撃を受けた選手とは?」が掲載されました。横浜FCから川崎フロンターレに移籍して2シーズン目に入り、順調に出場機会を増やしている瀬古樹。高校時代はU-18日本代表候補に入るなど順風満帆に過ごすが、熱心な誘いを受けて進学した明治大学では「3年になってもなかなか試合に出られなかったので就活もしました」と振り返る。自分の人生に挫折はつきものと語る瀬古は、大学の4年間でいかにして自身を成長させたのか?
お知らせ

掲載情報:スポーツナビ/湘南・阿部浩之×川崎F・登里享平が特別対談 国立開催の神奈川ダービーへ持つべき自信とは?

Sportsnaviにて「湘南・阿部浩之×川崎F・登里享平が特別対談 国立開催の神奈川ダービーへ持つべき自信とは?」が掲載されました。9月24日、J1・28節で湘南ベルマーレと川崎フロンターレが激突する。毎回、神奈川ダービーとして注目を集めるが、今回は“国立競技場”に舞台を移して開催される。その一戦に向けて、かつてのチームメートでもある湘南ベルマーレの阿部浩之と川崎フロンターレの登里享平が、ともにプレーした時期のこと、お互いのチームのこと、そして神奈川ダービーについて熱く語り合った。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 谷口彰悟「身体にものすごく悪いことをしているのではないか」<第7回>

web sportivaに谷口彰悟「30歳を過ぎた僕が今、伝えたいこと」<第7回>が掲載されました。2023年1月にカタールで海外クラブデビューを果たしてから約7カ月。谷口彰悟はアル・ヤーランで2シーズン目を迎えようとしている。日本とはまったく異なる環境に身を置いてサッカー漬けの毎日を過ごすなか、谷口はどんな想いでボールと向き合っているのか。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 谷口彰悟「センターバックこそゲームメーカーである」<第6回>

web sportivaに谷口彰悟「30歳を過ぎた僕が今、伝えたいこと」<第6回>が掲載されました。日本代表の6月シリーズ、谷口彰悟は2試合とも先発フル出場を果たした。エルサルバドル戦では開始1分で代表初ゴールを決め、ペルー戦では終盤まで零封に抑えるなど守備ラインを統率。攻守において存在をアピールした。次のワールドカップに向けて動き出した日本代表での活動において、6月シリーズは新たな課題も見つかったという。エルサルバドル戦とペルー戦、センターバックで起用された谷口が意識したこととは──。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 谷口彰悟「自分にはもう、あとがない」<第5回>

web sportivaに谷口彰悟「30歳を過ぎた僕が今、伝えたいこと」<第5回>が掲載されました。カタールワールドカップを終えて、森保一監督の続投でスタートを切った新生・日本代表。ただ、今年3月のウルグアイ戦とコロンビア戦のメンバーに「谷口彰悟」の名前はなかった。しかし、6月のエルサルバドル戦とペルー戦のメンバーには、再び谷口は選出された。ワールドカップ後に川崎フロンターレからアル・ラーヤンSCに移籍し、今年で32歳というベテランの域に達する谷口は、どのような気持ちでこの2試合に臨んだのか。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 植田直通が「練習に臨む姿勢が変わった」紅白戦 チーム愛や先輩・昌子源、後輩・関川郁万への思いも語った

web sportivaに植田直通(鹿島アントラーズ)インタビュー後編が掲載されました。「鹿島のために」──。インタビュー中、植田直通から何度、この言葉を聞いただろうか。個よりもチームという単位で物事を考えるようになった植田は、4年半に及ぶヨーロッパでのプレーを経て、さらに鹿島らしいセンターバックになって戻ってきた。プレーや背中でその何たるかを示そうとする彼の言葉にも、重さや決意はにじんでいる。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 植田直通がアントラーズ復帰を決めた理由「今の選手やスタッフたちは、苦しい思いをしながら戦っていると想像できた」

web sportivaに植田直通(鹿島アントラーズ)インタビュー前編が掲載されました。欧州での旅を終え、4年半ぶりに鹿島アントラーズに復帰した。センターバックとして、ここまでリーグ戦全試合にフル出場する植田直通のプレーには、確かな成長とリーダーとしての自覚が強く感じられる。外の世界で経験した苦悩や葛藤は大きな財産となり、ひと回りもふた回りも大きくなった。また、外の世界を見たことで、鹿島への思いはより強く、そしてより濃くなっている。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 守田英正×脇坂泰斗スペシャル対談(後編)激論「フロンターレあるある」と日欧のサッカーの違い

web sportivaに守田英正×脇坂泰斗スペシャル対談(後編)が掲載されました。1995年生まれで、2018年に川崎フロンターレに加入した守田英正と、脇坂泰斗のふたり。川崎でJ1リーグ優勝をはじめ、いくつものタイトル獲得に貢献してきたふたりが語る「強いチームの在り方」とは──。スペシャル対談・後編では、ふたりが感じた勝者のメンタリティと、日本とポルトガルにおけるサッカーの違いと、互いの考えを語り合ってくれた。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 守田英正×脇坂泰斗スペシャル対談(中編)フロンターレの同期が互いの成長を実感「海外に行けたのも、俺のおかげ」

web sportivaに守田英正×脇坂泰斗スペシャル対談(中編)が掲載されました。2018年に川崎フロンターレに加入した守田英正と脇坂泰斗のふたりは、どのような成長の足跡を刻んでいったのか。そこには、同期だからこそ交わした言葉や影響、刺激があった。スペシャル対談・中編では、前年に初のJ1リーグ優勝を飾ったチームに飛び込んだふたりが、それぞれ置かれた立場でもがきながら、一歩ずつ成長してきた過程を振り返ってもらった。
お知らせ

掲載情報:webスポルティーバ 守田英正×脇坂泰斗スペシャル対談(前編)同期のふたりが思い出すフランス戦「舌打ちされた」「覚えてない(笑)」

web sportivaに守田英正×脇坂泰斗スペシャル対談(前編)が掲載されました。1995年生まれで、2018年に大学を卒業して川崎フロンターレに加入した同期。今は、守田英正がスポルティング、脇坂泰斗が川崎フロンターレと、それぞれ違う舞台、環境でプレーしているが、お互いに成長を見続けてきたふたりが再会した。旧知の仲である、両者が対談。前編では、ふたりが出会った大学時代からのエピソードを語る。