鹿島アントラーズオープンスタジアム

10月11日に鹿島スタジアムで行われた鹿島アントラーズのオープンスタジアムに行ってきました。なんと今回は取材ではなく、コンコース内で行われたイベントの審査員として参加!

鹿島アントラーズのオフィシャルクラブマガジン『FREAKS』のイベントだったのですが

事前にサポーターの皆さんから募集したポスターイメージと大喜利コンテストの優秀作品を発表するというもの。

コンコース内に設置されたイベント会場にて、OBでもある名良橋晃さん、フリークスの覆面記者ホセさん?とともにトークをしながら、優秀作品を発表するという試み。

ポスターはサポーターのアントラーズ愛があふれるものばかり、大喜利はユニークで面白いものばかり。特に大喜利の審査員特別賞は少年が考えたアントラーズスピリッツ溢れる吹き出しに決まりました。

オープンスタジアムは選手も積極的にイベントに参加。グルメグランプリでは、小笠原満男選手が屋台でずっとサンマやホタテを焼き、サポーターに振る舞い、山形の牛串では土居聖真選手が軍手をはめて肉を焼き、サポーターと触れ合うなど、いつも以上に選手との距離を身近に感じられるイベントでした。

ベテランの中田浩二選手がピッチで行われる選手パフォーマンスを仕切り、本山雅志選手がフレンドリーにファンサービスを続ける。こんなところでも鹿島の強さを感じることができました。

東北人魂とのコラボでもある『Aグルメグランプリ』は山形の牛串、にくがとうが1位だったとか。確かにこの牛串、めちゃめちゃうまかったです。

オープンスタジアムに参加した模様は鹿島アントラーズのホームページに載っておりました。私、原田も下の方にちょろっと載ってます(笑)。

http://www.so-net.ne.jp/antlers/fanzone/reports/event/45606

IMG_4406IMG_4408

 

このオープンスタジアムは東日本大震災によりホームである鹿島スタジアムが損壊して使用できなくなり、改めてホームスタジアムで試合ができる大切さ、スタジアムがある日常の喜びを感じたことにより、企画されるようになったイベント。ただのファン感謝デーではなく、そこにはスタジアムでサッカーができる喜びを感じさせるような試みがありました。

(原田)

Comments are closed.